眼瞼下垂の悩みをスッキリ解決!

眼瞼下垂情報局

眼瞼下垂で気になる情報は眼瞼下垂情報局で収集しましょう☆

眼瞼下垂をご存知ですか?
眼瞼下垂とは先天的・後天的理由で、まぶたが開きづらくなる病気です。
後天的理由としては、コンタクトレンズ(ハードコンタクトレンズ)を長期間使用している人、パソコンなどの画面を長時間見ている人、眼をよくこする人、白内障の手術の経験がある人などがあります。
また、加齢により筋肉の力が低下し、眼瞼が垂れ下がってくることもあります。
視界が制限されてしまうので、まぶたを開こうとすることが原因で頭痛や肩こりを引き起こすこともあります。
この眼瞼下垂の治療法ですが、眼科や形成外科で施術が可能です。
手術方法にはいくつかの方法がありますので、一人ひとりの状態や進行度などを考慮し、決定させます。
上まぶたの眼瞼挙筋という部分を縫い縮めます。このことにより、まぶたの開く力を強化して目の縦の幅が広がります。
また、老人性の眼瞼下垂の場合は、垂れ下がった皮膚を切除することで眼瞼下垂を改善させる手術を行います。